4月

f:id:zihou999UP:20190421212801p:plain

3月は更新できませんでしたね。

最近は色々とありまして前期アニメを見終われてない状況で、今期も見たいアニメは何個かありますが次期までに見られるかどうか…。

前回の更新から世の中でも色々な出来事がありましたが、なんといってもけもフレ2の炎上っぷりは凄まじかったですね(詳細はググってください)。アニメ「アイカツ!」で監督を務めた木村隆一氏がけもフレ2の監督に抜擢されたということで、一アイカツファンとしてアニメは一応見ていましたが、あまり面白くなかったですね。前にも同じ木村氏が監督のピカちんキットも期待して最初の十数話は見てたのですが面白くなかったので(ターゲット層が低すぎたってのもあるかもしれませんが)、正直けもフレ2もあまり期待はしていませんでしたが…

でも三上枝織さんと佐々木未来さんの声が聞けたのでそこはよかったです。あと、G・ロードランナーのTシャツデザインからルーニー・テューンズに少しだけスポットが当たったのもよかったですね。ルーニー・テューンズは私がカートゥーンネットワークで見てきたアニメ作品の中でもトップクラスに面白い作品なので、読者の方々も機会がありましたら是非見てみてください。ルーニー・テューンズのメンバーと主演のマイケル・ジョーダンが次元を超えて共演する映画「スペース・ジャム」もオススメです。

けもフレ2騒動で細谷伸之氏が如何にヤバイ奴だったかということが知れ渡った訳ですが、ツイッターたつき監督・ケムリクサファンへの誹謗中傷を繰り返していた氷村ふぁねるというアカウントが細谷氏の別のツイッターアカウントではないかと言われており、榊正宗氏陣営からのIPアドレス開示請求の結果が待たれるところです。前述の榊氏は氷村ふぁねるというアカウントからかなり誹謗中傷を受けていた方で、度を越えているということから開示請求に踏み切ったそうです*1。この榊氏は東北ずん子を企画した方らしいので、東北人の私としては今後応援していきたいと思ってます。

この騒動で特記したいことがもう一つ。あかり先生という方がけもフレ2製作委員会にオーディション台本を盗用された事件があってから、その方のブログが更新されておらず、けもフレ2放送中~放送後の炎上の最中で生存報告の記事を更新したのち、その記事を削除するという不可解な出来事もありました。生存報告の記事も他人が書いたのではないかという臆見も上がっており、あかり先生の安否が心配ですね。

アニメ近況

プリチャンの新シリーズいい感じですね。今後の展開が気になる所です。新登場のメインキャラが3人居るのですが、プリパラの世界から来たかのようなキャラの金森まりあ(CV:茜屋日海夏)、ミルキィホームズ譲崎ネロ(ゲーム版)をさらにクールにさせた感じ?のキャラ・黒川すず(CV:徳井青空)、バーチャルアイドルのだいあ(CV:佐々木李子)と、キャストに拘りを感じるキャラばかりでした。

てか、久保田未夢佐々木李子が共演するとかこれもう実質邪神ちゃんじゃん!

このキャスティングを見ただけでもう今後も見るしかないと思いましたね。

プリパラの世界はそのものがVTuberが居るバーチャル世界の様な空間だったので、世界観を一新するプリチャンではバーチャルアイドルは登場しないかと思いましたが、出てきましたね。

53話ではVTuberヨメミ・萌実の動画で使用されているBGM「萌えっこ!」が流れ、「おっ」と思いましたね。ちなみに、該当シーンはプリチャンを公式配信している各種サイトで10分43秒頃に合わせれば見られると思います(曲は↓で試聴できます)


萌え萌えCute Pop by ナッシュミュージックライブラリー

この記事を書いてて気づきましたが、ハヤテのごとく・キルミー・プリチャンはどれも金髪ツインテールキャラが登場&釘宮理恵が出演するという共通点ありますね。どうでもいいですがw

ちなみにアイカツフレンズ!についてはまだ48話までしか見れていないので、また今度の機会に書こうと思います。

YouTube近況

大物YouTuber・syamuさんの活動の活発になりましたね。ついに事務所所属になったようです。相変わらず代理人の編集がアレですが。あとはVTuberグループ・ゲーム部プロジェクトの解散騒動もありました。あそこの運営には多額のゲーム内通貨を売買した過去がありながらぷよぷよのパクリゲーを開発しeスポーツ化しようとしたヤバイ奴が居るそうです。そらあんなことする訳だ、と思いました(詳細はググってください②)。結局活動を再開しましたが、演劇動画は面白いので今後もゲーム部の動画は見ると思います(アドブロックはしますが)。

他にはいるはーととエイレーン一家の動画を見ていますが、あとはあまり見れてないです。生配信系は中々追うのが難しいですね。邪神ちゃんねるも一本当たりの尺が長いので視聴のハードルが高いです。

ほな、今日はここまでにしときます。次の更新は令和時代になるかな。

今日の動画


「這いよる!ニャルアニ OP」好き、好き、大好き。


Space Jam (1996) Official Trailer - Michael Jordan, Bill Murray Movie HD

スペース・ジャム [DVD]

スペース・ジャム [DVD]

 

*1:詳細はこちら

まえムキムキムキ

f:id:zihou999UP:20190208215418p:plain

前回の記事から色々ありましたね。

dアニメストアハヤテのごとく!が1月31日で配信終了になったってことで1月中は猛スピードでハヤテのごとく!見てました(1日2~3話ペース)。

あの作品は2007年4月~2008年3月の4クール作品でパロディネタが結構入ってたのですが、放送当時のテレビ・アニメ・ネットの輝きを感じましたね。

f:id:zihou999UP:20190208210830p:plain

生徒会三人娘が所属する動画研究部のイベントでYouTobeとしてYouTubeのパロディが出てきたのですが、画像検索で当時のYouTube再生画面を確認したところ、かなりリアルに再現してました。ニコニコネタも登場してましたね。ウマウマのパロディをやっちゃうあたりほんとになんでもありだったんだなと思いましたw

当時の人気テレビ番組やネットミームを思い出しましたね。パロディやコント主体ではなくちゃんと面白いストーリーになっているので、かなり楽しめました。

OP1はOPと提供バックが一体となっていた為そのシーンもdアニメで見ることができました(他の配信サイトではカットされているようです)。主題歌が「ハヤテのごとく!」のOP1が使用された1~26話ではハヤテとナギが提供クレジットの横に居る提供バックだったのですが、1・2話はデジタル放送では16:9のフルサイズ、アナログ放送ではそれを4:3パンスキャンで放送するという当時特有のハイビジョン制作番組としての対応を忘れていたようで、4:3パンスキャンだとハヤテとナギが不自然に少し見切れてしまう配置となっていて、3話からそれが修正されるというのも時代を感じました。

f:id:zihou999UP:20190208220452p:plain

左が1・2話、右が3~26話のOP提供バック(4:3カット加工済)

作中では実際に存在するアニメ作品名等が出るたびにピー音連発だったのですが、DVD版の副音声ではそのピー音がないバージョンを聞くことができるそうで、かなり視聴者の事を考えた作品だったんだなと思いました(ちなみにBD-BOX版では収録されてないそうです)。

あと、ネットで幅広く使われてきた「見せられないよ!」の画像の元ネタもこのTVアニメ「ハヤテのごとく!」だったという。もう伝説ですね。

f:id:zihou999UP:20190208212455p:plain

それともう一つ。アイキャッチでキャストがアドリブでしりとりをするという企画もありましたね。プリパラの105~140話で行われていた提供クレジット横テロップでのしりとり(プリパラしりとり)も、この企画からインスピレーションを得て生まれたものかもしれませんね。

アニメ近況

最近はBS11の放送で知った「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ」にハマってます。

その放送で気づいたのは、BS11ではアニメ枠で急遽番組が放送休止になった場合や放送予定アニメの公開が遅く枠が空いてしまう場合等にPie in the skyのアニメが流れることがあるということです。

以前、2012年11月25日に放送予定だった「ToLOVEる‐とらぶる‐ダークネス」8話でもそんなことがありました。この時も同じPie in the sky作品の「かよえ!チュー学」への差し替えでした。

ちょっと話がズレましたが、今期アニメは「私に天使が舞い降りた!」を見てます。ダントツで面白いですね。OP曲の「さぁ今夜も元気に始めましょう 天使が舞い降りる時間」という歌詞、今週もわたてんの時間が来たんやな…と気分が上がりますね。まぁ生じゃなく録画で見てるんですけどもw

VTuber近況

最近エイレーンという方の動画が面白くてちょっとハマってます。

きっかけは話すと長くなるのですが…書きます。

以前記事でも書いた通り、私はいるはーとというVTuberの方を応援しており、そのいるはーと氏の動画内の話に登場した織田信姫氏の動画を見てたら道明寺晴翔というVTuberが登場して、誰やコイツ!と調べたらゲーム部プロジェクトの方だったんですね。それでそのゲーム部のゲームやってない回を色々見てたんですが、最近上がった「楓ちゃん退部!?エイレーンが部長になりました。」というゲーム部とエイレーン氏のコラボ動画でエイレーンという方を知りました(正確には思い出したのですが)。

その思い出したというのは、去年VTuberが巷で流行っていると聞いて大御所VTuberの人はどういう動画を上げてるのかな?と動画は見ずにサムネを眺めていたのですが、ミライアカリ氏の動画一覧を古い順にソートしたら謎のサムネが結構出てきて、なんだこれは…と思った、という出来事がありました。

結局その謎の動画はエイレーン氏の新企画がミライアカリプロジェクトで、それまで同じチャンネルで投稿されていたエイレーン氏の別の動画が消されず残っていた、ということでした。

前述のゲーム部とエイレーン氏のコラボ動画でヨメミダンスというのも知りましたが、そのダンスがのBGMがモロアレでしたね。Nash Music Libraryでも配信されている、萌え×2キュン×2という某ホモビデオやじょしらくにも使われた著作権ロイヤルティフリー曲*1。エイレーン氏の動画ではニコニコの例のアレネタもちょくちょく出てきているようですが、これは狙ってるかもしれませんねw

エイレーン一族のヨメミさんは独特の喋りが面白い&可愛いですね。萌美さんも声質とイントネーションが独特でついつい声を聞きたくなります。

そんな訳で今応援してるVTuberはいるはーと、DWU、エイレーン(一族)、YUA(藤崎由愛)、風宮まつり、伊達あやのです。

DWUことディープウェブアンダーグラウンド氏は漫画村を燃やしますという動画を上げた後実際に漫画村が閉鎖したという出来事があった方ですね。投稿動画のコンセプトが面白く、動画の投稿頻度が低くて見やすいので見てます。ツイッターユーザー名にアイカツ!のユリカ様の顔文字(ξ(Ծ‸Ծ)ξ)が使われている*2のも親近感が湧きます。 

 

YUA(藤崎由愛)氏は中の人があの青森県出身で赤座あかり役を務めた三上枝織さんだそうです。声を聞けばすぐに分かりますけどね。ということで応援する事を決めました。私と同じ東北人でかつ大好きな作品「ゆるゆり」に大きく関わる方ですからね。

いるはーととのコラボで知った風宮まつり氏はラジオ配信が作業用BGMとして結構いい感じなので重宝してます。

伊達あやの氏はホリプロデジタルエンターテインメント所属の伊達杏子*3の娘という魂のVTuberです。伊達という名字に釣られてクラウドファウンディング支援しました。正直どうなるか分かりませんけど、老舗芸能事務所のノウハウを生かしつつVTuber界での未開拓な領域に挑戦して貰いたいですね。

今日の動画


Hayate the Combat Butler - Hayate No Gotoku | Opening Song

*1:実際の曲を聴きたい方はこちらからどうぞ。Nash Music Libraryの楽曲リンクはこちら

*2:2019年2月9日現在。今(2019年2月25日現在)は消えていますw

*3:1996年に誕生したホリプロ所属のバーチャルアイドル